05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

「第29・30問 何切る問題」正解発表+コメ返し 

makoto3.jpg
LeMUの古賀まこと2世です。

この記事は、「Question」カテゴリの記事ですが、
「2本立て」直後の正解発表なので…
コメ返しは、この記事のコメントで行います。
ご了承ください。

では、早速ですが、正解発表と参りましょう。


まずは、第29問の正解発表です。問題は…
question029.jpeg
六七八の三色が視野に入った中で、7巡目に五筒をツモ。
ここで、どう打って出るか…という問題でした。


この問題、カギを握るのは…

ドラ・五萬

…と思われます。
question029-1.jpeg
これは、三萬切り後の手牌。
確かに、ここから六萬入手なら非常にオイシイ展開になるのですが…
最大のネックは九萬をツモった時。
九萬を入手すると、ドラ・五萬を切らなければテンパイに取ることができず、その上、タンヤオも三色も無くなってしまいます。
もしドラが五萬でなかったら、安い手でも十分な場面だったら、
「良形」にこだわっての一打なら、これでもいいのですが…
question029-2.jpeg
これは、八萬切り後の手牌。五 or 八索先着だとカンチャン待ちになってしまいますが、
四 or 六萬先着ならタンピン手に。

六萬ツモ→三萬切り後、五索が出たなら・・・

正解は、八萬切りでした。
この問題、日本段位麻雀連盟会長・橋本光海氏によると…
ここは、八萬切りの一手です。
これなら、ドラを絡めタンヤオ確保となり、五六七の三色の芽が残り、絡みそうなのも楽しみです。

…とのことでした。この文と皆様の解答をベースに書きました。


続いて、第30問の正解発表です。問題は…
question030.jpeg
南二局。5000点のマイナス、トップとは14000点差の3位で迎えた西家。
プラス組に復帰するためにも満貫手が欲しいところだが、どう打って出るのか…という問題でした。


当ブログに載った何切る問題のうち・・・
「スピードを重視するか、打点を重視するか・・・」が判断の分かれ目になった問題、あったような…?
どうやら、この問題も例外ではありませんでした。

問題文に「プラス組に復帰するためにも満貫手が欲しいところだが」とあります。
そうです。出題者は打点を求めていると言えます。

問題のこの手牌・・・
question030.jpeg
見た目には、シュンツ2組、トイツ1組 リャンメンターツ3組存在するように見えます。
アガるには、「ナニカ」を「切らないといけない」のだが。
question030-1.jpeg
図は七筒切り後の手牌。
確かにこの手牌、二・五筒、二・五索入手でテンパイ。
手変わり次第では、タンヤオ、三色が付くこともあるが・・・
スピードが求められる場面なら、断然こちらでしょう。

しかし・・・
「打点不足」の感が否めないのも事実。
手変わりすることなく、「アガリ」に向けて順調に進んだとしても、ピンフ、ドラ1がやっと。
仮にリーチをかけたとしても、翻数を増やす要素がなければ、満貫にも届かず、「プラス組への復帰」には遠く及ばない。
question030-2.jpeg
図は一萬切り後の手牌。シャンテン数の上では「後退」することになる。
しかし、ただのピンフ手から、タンピン手に変わるだけでも打点は上昇。
三色もついてこれば、もっと高くなります。
正解は一萬切りでした。

この問題、日本段位麻雀連盟会長・橋本光海氏によると…
ピンフにドラ1程度で進軍では勝ち組には遠い。そこで、ここは一萬切り。
ピンズで2組、ソウズで1組のメンツをそろえれば、タンピンの上に 二三四 か 三四五(の三色)も絡められる作戦を展開したい。

…とのことでした。この文と皆様の解答をベースに書きました。


ここで、コメ返しします。

強欲さん
点数状況の説明がない場合は…「比較的、平たい場」を想定すると、正解しやすいでしょう。
前者は八切り…で、いいんです。

後者は、二度受け拒否の6pか7p…
決して悪いとは思わないのですが、上述のとおりなのです…

Azazelさん
一つ目、八萬切りでタンヤオ確保
二つ目、満貫欲しいということなら一萬
…さすがですね。

二つ目の問題は上述のとおり、一萬切りは一歩後退してしまうのですが、
ただのピンフ手から、タンピン手に変わるのは大きいのでしょうかね。

Katsuさん
ゑ?まだ熱中症?
それは、置いといて
ううむ、弐は…スピード重視なら文句無しですが。

ライスさん
1問目…5がドラだけに678の深追いは、ちと危ない気がします。
他家の状況によっては、妥協。やむ無しか。

天領イッキさん
2つ目の正解は…やり過ぎなのか、そうでもないのか。ううむ。

土屋師走さん
問題2なんですが、どう頑張ってもピンフ、ドラ1に終わりそうな手からどうやって翻数を増やしていけるのかがカギなんですよね。
赤有りの有難味を感じること、この上なし。

ポン好きーさん
そうですね、ドラを絡めた三色チャンスだけど、ドラを落として余分に失点するのだけは避けたいですよね。


では、また次回!
スポンサーサイト

category: Question

Posted on 2013/09/01 Sun. 11:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kogamakoto14.blog.fc2.com/tb.php/210-b311696a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。